看護師にも結婚・子育てに関する悩みはあります

看護師や医師という医療業界で働く人というのは、常に人材が不足しており、その為、結婚・子育てによる退職の悩みというのは、一般的には少ないものなのですが、看護師といえども結婚・子育てに関する悩みを持つことは当然あるものです。

まず、看護師というのは、とにかく夜勤等もあって激務な為、結婚をしても、相手とすれ違いを作ることなく、上手くやっていくことが出来るのだろうか、という悩みを抱えることが多いものです。夫婦というのは、何よりも、普段のコミュニケーションを大切にしなければいけません。看護師の仕事が忙しくて、自宅には寝にだけ帰って来るという状態が続いてしまった場合、配偶者との関係に影響をきたしてしまうことは目に見えているのです。

それから、子育てに関しても全く同じことが言えます。
看護師は、とにかく忙しく働いていますので、子供を持ったとしても、なかなか自分の子供と遊んでやれないのではないか、との悩みを抱える人は非常に多いものです。なので、そもそも子供を作るべきかどうかということから悩みはスタートします。

なので、結局、看護師といえども、結婚・子育てのことが絡んでくると、普通の会社員と同じように悩まざるを得なくなってくるのです。そして、時には普通の会社員と同じように、結婚・子育てを理由として退職をやむなくされることだってあるのです。

確かに仕事というのは、自分自身の生きがいの為であったり、生きていく為のお金を稼ぐ為に必要で大切なことですが、それだけが全てではもちろんありません。結婚して子供を持つようになった以上、何よりも最優先すべきは仕事ではなく、配偶者であり子供であるべきなのです。そこをきちんと分かっていれば、それ程悩むことは逆にないはずなのです。

私の場合は、そこをしっかりと分かっていなかった為、結局子供が出来たことがきっかけとなって、看護師を辞めることになったのでした。